【活動予定&イベント情報】

KIMIEMONの最新情報はこちら
お仕事のご依頼、お問い合わせは 
こちらからお願いいたします。

7月27日   温泉施設にてシニア向けワークショップ
7月31日   キッズレッスン(補講)
9月9日   とびだせ!Wara広場にて体験WS
9月18日   出張レッスン(名古屋)
9月27日   スケッチクロパ
10月某日   子育てイベントにてワークショップ
11月11日   出張レッスン(滋賀)
11月25日   小学校にて体験WS
11月29日   スケッチクロパ
2018年1月24日 いなべ市にてワークショップ



2013年12月9日月曜日

子育て日記 12月8日編

昨日は息子が入っている野球団で親子野球大会がありました^^



小学校と高校でソフトをしていたのですがどちらもポジションはファースト

ひっさしぶりに守備についたら今までしたことないサード・゜・(ノД`)・゜・


一番守備の要やん!!!


しっかも投球もボッテボテ。まっすぐも遠くも投げれないことに落ち込み度はハンパなかったです。。。



そんな中、息子がバッターボックスに^^



思わず声が出る私。


「おーーーい!
勝負やーーー!
かかってこーーーい!」



(こうして文字にするとものすごくお下品な言葉ですが普通に飛び交っています)




といったらまさかのサードゴロ。

こっち来てるやん。。。Σ(゚д゚lll)




で、大人気なくアウトにした私って。。。(笑)





その前にお友達と話をしていたんですが



「子供のやる気を起こすためにはどっちがいいのか?」


1.「手を抜いて子供に勝たせ優位な気持ちでやる気を起こす」
2.「本気に相手して負けて悔しさからやる気を起こす」



その子その子によってそれぞれだと思いますが息子は前者
なのに私ったら。。。自分の頭とは裏腹に体が勝手に動きました。


アハハ。まだまだ未熟者でござんす。







そして寝る前にベッドで


「今日はあなたと野球ができてママはとっても幸せでした^^ありがとう」
と彼に伝えたら




少し布団で顔を隠しながら
「なんで?こっちがありがとうやん。」
とボソっと^^






もう、めっちゃ好きーーーーーーーーーーーー!!!!
(o ̄∇ ̄o)♪(親バカスイッチオン!)


ほんまに優しい子に育ってくれました^^

彼自身はオチャラケ200%なんだけどものすっごい恥ずかしがり屋。
だからキャッチボールをするときも「一緒にやろー」と友達にいうのが怖いとな。親としては男の子だし、仲間なんだから気にせずガンガン声をかけていけ!と言いたいのですが私自身も小さい頃は
とっても恥ずかしがり屋で怖がり。友達に嫌われるのがものすごく怖くてなんでも言いなりで自分から誘ったり、提案したりができなかったんで息子たちの気持ちがよくわかるんです。

今でも一緒にイベントしようとかサークルジャーナルしようとかいうのがめちゃくちゃ怖い時もあります。断られたら私のこと嫌いなんかな?とか考えたりすることも一瞬あるんですがすぐに

「あかんときはあかん。でもほんまにその人と何かしたかったら最後まで諦めないで声をかけよう」
って思うようになりました^^

だから私もお断りするときは「こうだから参加できない」「こうだからNO」と伝えようと思っています^^

息子にもそのへんのところを少しずつ伝えていけたらと思っています^^


ちなみに娘は4年生にして初めてお友達をおうちに自分から誘うことができました^^
(いつもお友達が誘ってくれて承諾というパターン)

彼女も自分から遊ぼう!とか言えないタイプ。

言えた日は嬉しそうに帰宅して

「ママ!私、自分から遊ぼうって誘えたよ!」って。
あの時は涙がボロボロこぼれました。今でも思い出すと泣けてきます。

普段からそういうことに慣れているお子様のお宅では普通のことかもしれないんですがうちの子供にとっては本当に大きな一歩でした。


息子もいつか
「ママ!僕、自分からキャッチボール一緒にしようって言えたよ!」

という日が来るのを信じて待っていたいと思います^^


0 件のコメント:

コメントを投稿

フォトジェニック・ハンドクラフトフェスinOsaka ミニワークマラソンのお知らせ

前回ご紹介したフォトジェニック・ハンドクラフトフェス in Osaka(略してフォトクラフェス大阪)。 こちらで私は岡山在住の はっしー さんとタッグを組んで3Dカードを作るワークショップを展開します! はっしーさんとはそれこそ大阪キルトウィークにこのワークマラソンのよう...